「上司としてのコミュニケーション力をアップさせ、できるチームを作る方法」について解説したメール講座です。
本篇12回と特別号4回の全16回となっています。
特別号4回分はマネージャーに役立つ情報として
「マネージャーのマインドセット」と役立つ書籍紹介情報を掲載しています。
無料メール講座:「できる社員」から「できるチームを作れる上司」へ変わるヒント(全16回)
 お名前
 メールアドレス
※ご登録いただいた「お名前」「メールアドレス」は、個人情報の観点により、プライバシーは完全にお守りいたします※スパムメールの類は一切送りませんでご安心ください。※「無料メール講座」(全16回)の終了後も、コミュニケーション力アップに役立つ情報・を無料でお届けいたします。※購読中止・解除はいつでも行えます。
ぜ、こんな当たり前のことができないのか・・・?」
マネージャーに昇格し、初めて部下を持つ。
やる気を持って部下に接するものの、自分とのレベルの違いに愕然とする…。
「実力がないなら、もっと努力して欲しい。やるべきことがあるのに…。
そのくせ、帰社時間だけは早いんだから…。」
新任マネージャーとして、初めての部下をもった時、
あなたは、こんな壁にぶるかるのではないでしょうか?

部下とのコミュニケーションがうまくとれない。
自分でやった方が早いので、つい自分でやってしまう。
部下が思うように動かない、成果を出さない。
使えない部下がいる。
性格的に苦手、合わない部下がいて気をつかう。
自分より年上の部下、ベテラン女性社員への接し方に悩む。
上司のサポートが望めない。部下のマネジメントの問題は相談しずらい。
自分も納得できない上司の業務命令を部下に何と伝えたらいいか悩む。
伝えたはずのことが部下に理解されていない。
部下が自分に不満を持っているようだが、どうしていいのかわからない。
チームの雰囲気がよくない。成績も低迷している。

これは、今までプレイヤーとして成果をあげてきたあなたが、
部下と一緒に成果を上げる立場になった時に、ぶつかる問題なのです。

なたは自分自身が優秀であるために、どうしても部下のやる気のなさ、
スキル不足が目についてしまうのです。そしてストレスをかかえてしまう。
自分でやった方が早い。プレーニングマネジャーとして
自分自身の業績も求められる。そして、上司は、
短期的な成果を求めながら、部下の育成を要望してくる。

「部下を指導し育成するよりも、自分でやった方が早いのでは…」

そんな風にどんどん仕事を抱え込んで、ますます、あなたは忙しくなっていきます。

今、職場でのメンタル不全が問題になっています。

「自分に限ってそんな。。。。。。」と思っている方は多いのですが、
実は、メンタル不全に陥りやすいのは、「優秀な新任マネージャーの方」と言われているのです。

マネージャーになると大抵の場合、新任マネージャー向けの研修を受けますが、
それ以外のサポートはあまりない、という方が多いのではないでしょうか?

上司がすぐれたメンターになってくれている方は、壁にぶつかっても乗り越えていけると思いますが、
上司とのコミュニケーションは、結果に対する叱咤激励がメインとなっている方も多いと思います。

上司から、部下とのコミュニケーション、マネジメントの仕方について適切なサポートが望めない…
それなら自力で勉強してみるか・・・・今、流行のコーチングの本を読んでみるものの、
なかなか思うように実践できない…。


じめまして、「サクシードビュー」の代表を勤める野本果甫です。

● 野本果甫プロフィール
大学卒業後、大手カード会社に入社。4年間の営業経験後、接遇インストラクターとして営業店を臨店し顧客サービスの観点で接遇指導を行う。
その後、東京1都3県を管轄する営業部で、教育担当として、年間100日以上の社内研修の企画、運営、講師として人材育成に携わる。
2000年よりコールセンターに配属となってから、2つのコールセンターの立ち上げに教育担当として関わり、採用、オペレーターの教育、モニタリング体制の構築などを担当。2003年よりチームリーダーとして、2005年よりマネージャーとして人のマネジメントに携わる。
2008年11月会社を退職し、2009年独立。現在は、(財)生涯学習開発財団認定プロフェッショナルコーチの資格を有し、プロコーチ&コミュニケーションコンサルタントとして「サクシードビュー」を主宰し、パーソナルコーチング、企業研修、セミナー、そして、コールセンター研修&コンサルティングを手掛けている。

自分自身が新任マネージャーの時に、上司から提示された課題はすべて成し遂げたものの、
部下の信頼を得られず、部下全員に360度サーベイでマイナス評価をもらった痛い経験があります。
ある部下とは本当に合わず、精神的にもかなり参り、カウンセリングを受けた経験もあります。

その時、出会ったのが「コーチング」でした。そこから部下との関係が好転し、
徐々に信頼を得ることができるようになりました。
そして、コールセンターのオペレーター対象の
コミュニケーションスキルトレーニング(100名が受講)も手掛けていき、
大きな成果をあげることができました。

こうした私の経験をベースに作り上げたプログラムが、ここに紹介する
新任マネージャーのための「コミュニケーションUPコーチング」です。


は、会社の中で経験したマネジメントのノウハウと、日本最大のコーチ養成機関コーチ21と成功しているコーチから学んだ既に成果が出せることが実証されているスキルを使って、また、そのスキルをお教えすることで、あなたが、短期間でコミュニケーションスキルをマスターすることを可能にします。

この「コミュニケーションUPコーチング」を受けることで、あなたは、

90日後、コミュニケーション力を確実にアップさせ、マネージャーとして、
上司と部下の信頼を勝ち取る「5つのスキル」を身につけることができます。

「優秀なチームを作る」マネージャーになるためのマインドセット術
どんな部下とも信頼関係が築ける3つのスキル
チームのベクトルを合わせるチームビジョンメイキングスキル
部下のやる気を引き出し行動に移すための5つのスキル
100%目標達成を可能にする目標設定と面談スキル

そして、

部下のやる気を引き出し成果を出すためのコミュニケーションスキルをマスターできます。
一度マスターすると、どんな部下と仕事をすることになっても、
  マネージャーとして部下の信頼と成果を作り出すことができます。
短期間でマネージャーとしての自信を持つことができます。

という成果を手に入れることができます。

では、野本のコーチングを受けた、クライアント様のからのメッセージをここにご紹介します。

★コーチングを受けてよかったこと
電話でのコーチングなのでどこでも行えるため、営業で外出、出張が多い私でも、
継続しやすかったです。薦めてもらった「タイプ分け」診断により、
「部下と自分との価値観が全く違うもしくは違って当たり前」と認識でき、
そのタイプわけの特性を理解して、部下にコーチングすることで、
今まで全く違った反応が得られました。
そして、最後に部下の指導を評価され、地方営業所から本社営業部1課課長に
昇進できた事が一番うれしかったです。
★野本のコーチングに対する感想
野本さんとのコーチングは、野本さんから直接、「何をしなさい。」との指導はありませんが、
そのやりとりによって自分自身の問題点、やるべきことが見えてくる感じでした。
例えるなら、今まで振り払えなかった濃霧が振り払えて向かうべきゴールが見えてくる感じです。
他人に指摘されるのではなく自分で考えることが重要だと思います。
自分自身で考え、実行できるよう背中をうまく押してもらいました。
ありがとうございました。
★これからコーチングを受ける事を考えている方に対して一言
私の認識では、まだまだコーチングは、世の中では(特に日本では)一般的ではなく、
コーチングを手法として採用しているビジネスマンは少ないと思います。
一流をめざす選手には必ず良いトレーナーが必要です。ビジネスマンも然りです。
ぜひ、一度トライされることをお奨めします。今ならライバルとの差がつけらます。

★コーチングを受けてよかったこと
一人で考えていても、問題解決になかなかつながらない事がありましたが、
自分の考えを聞いてもらう事で、自分の考えがまとまったり、気づいていなかった事が
発見できたりという経験をし、それが、次のアクションにつながったと思います。
また、利害関係のないところで、正直に話せることがよかったです。
★野本のコーチングに対する感想
話している事をとりまとめて下さるので、それを聞いて気づかなかった事に気づかされる
という事が何度もあり、自分がしたいこと、それをするためにどうしたらいいのかという事を
前向きに考える事ができました。
それが、自信につながり、コーチングを受けていると、成功する気になってきました。
以前は、「何を求められているのか?」という事を考えていましたが、
今は「私は何をしたいのか?」という事を考えられるようになりました。
★これからコーチングを受ける事を考えている方に対して一言
コーチングセッションの時間で、成功のためのプランニング、シュミレーションができると思います。
セッションの時間に、ミーティングや上司に話す事を疑似体験することで、本番で成功する
自信が持てます。自分の考えを整理する場、気づいていないところを発見できる場として、
コーチングをうまく使うと自分の仕事の効率、成果が上がると思います。

★コーチングを受けてよかったこと
自分自身を客観的に見てくれるコーチがいることで、継続して目標に向かえる事が一番良かったです。
一人だと、くじけそうになる事もありますが、そんな時にコーチとのセッションで
アクションの立て直しができ、また、気持ちも前向きにして頂きました。

★野本のコーチングに対する感想
とても話しやすいのが良かったです。野本コーチの雰囲気なのかわかりませんが、
気持ちをオープンにして下さり、本音で話すことができました。
また、自分をさらし出しても大丈夫!という安心感がありました。
何より、セッションが楽しかったです。毎回、明るく笑いが絶えない・・・という感じで
セッションを楽しめました。
★これからコーチングを受ける事を考えている方に対して一言
1人だとどうしてもくじける時がありますが、いつも横にいて励ましてくれるコーチがいる事で
1人でがんばるより近道を歩けますし、やっている事に「これでいいんだ!」という自信を
持つことができます。定期的にコーチングを受ける事で日々、目標のことや、
どうやって達成するのかを考えるようになり、ある日振り返ってみたら、
最初にプランしていた事はきちんとやれているという感じです。
まだ、1人でがんばっている方、ぜひコーチングを体験してみて下さい。


体的には、次のようなステップで進んでいきます。
(これはひとつのモデルです。実際には、あなたに合わせてオーダーメイドのプログラムになります。)


ミュニケーションUPコーチング」に関心をもっていただいた方は、
まずは、無料セッションをかねたオリエンテーションをお試しください。

スカイプまたはお電話をかけて頂き、30〜40分の無料オリエンテーションを
行います。進め方などについてご説明し、質問や疑問についてお答します。

このオリエンテーションの中だけで、問題解決のヒントが得られる場合も
ございます。是非、お気軽にお試しくださいませ。


の「コミュニケーションUPコーチング」は、私自身が新任マネージャーの時に、
部下の信頼を得られず、部下全員に360度サーベイでマイナス評価をもらった痛い経験が
出発点になっています。

今、独立し、コーチとなってクライント様とのセッションをするようになり、
同じ問題を抱えている管理職の方が多く、また多くの場合、上司からの適切なサポートが
望めない状況の方が多い事に気づきました。

私は、上司からのサポートが望めない場合でも、代わりにコーチをつけることで、
問題を乗り切れることを多くの方に伝えていきたいと思い、
この「新任マネージャーのためのコミュニケーションUPコーチング」を始めることになりました。

私は、コーチ21でコーチングを学び、それを職場のコールセンターで活用して、
コミュニケーターの信頼を得るとともに、高いパフォーマンスを作りだすことができるようになりました。
また、クライアントさんにも、同じスキルを使ってもらうことで、
成果を出し、昇進など望む結果を手に入れる方を多くみてきました。

そして、目標達成といえばマイケル・ボルダックと言われているマイケル本人から、
「確実に目標達成するスキル」を学び、質問といえばマツダミヒロと言われているマツダ氏の
「魔法の質問」の講師として活動しながら、人のやる気と行動を生む質問を日々研究しています。

是非、あなたのコミュニケーション力アップのサポートに、
私のコーチングがお役に立つことができればと思っています。
コミュニケーション力は、仕事だけでなく、日常生活の全てに使える強力なスキルです。
この最強の「ビジネスツール」を是非、手に入れてみてください。